☆女性のための応援ブログ☆

女性のために役立つ情報とインターネットで気になった商品をご紹介します。

子どもの遠視

中学3年生の私の息子は、小学1年生の学校でやった目の検診で、「遠視」ということが分かりました。

 

当時は、何というか、本当にショックと息子に対する申し訳のなさでいっぱいでした。「なんで気づいてあげられなかったんだろう!」

 

息子が、1歳の時に離婚してから一人で必死に育ててきたので、保育園に預けて働くだけでいっぱいいっぱいでした。

 

眼科で「遠視は近くも遠くも見えづらいし、眼鏡をかけても視力が出にくい。左目特に悪いです。弱視です。」と…

 

本当に、落ち込みました。分厚い眼鏡はかわいそうなので、レンズを薄く加工してもらいました。

 

「毎日、訓練してみてください。」と、記憶に定かではありませんが訓練用のドリルのような紙をもらって毎日、書かせました。

 

あれから、早、8年以上が過ぎ、小さくてランドセルを背負うことも大変だった息子も中学3年生になりました。

 

夏休み前に、学校から健康診断結果のお知らせで、「眼科の診察をお勧めします」とのお手紙をもらってきました。

 

先日、眼科にいった所、「遠視がよくなっていますね。体が成長して、眼球が大きくなると遠視って良くなる場合が多いんですよ。」

 

とのことです。裸眼で右1.2、左0.7でした。うれしかったです♪

 

ただ、中には良くならない方もいるのだそうです。一応、受験生ですし、近くを見るにも眼鏡が必要なので、フンパツして新しい眼鏡を買ってあげました。

 

乱視が少し入っているそうで、「遠視性乱視」ということです。

 

私と同じように、お子さんの遠視が気になっている方がいらっしゃいましたら、あまり心配しすぎなくて大丈夫です。

 

小さいうちから眼鏡をかけていると、うちの子はそうでしたが、からかわれたりすることもあります。

 

眼鏡を取られて返してくれなかったり…

 

万が一にも、そのような状況の時には、お子さんを守ってあげてください。私は、ずっと一人で子育てをしてきました。

 

だからこそ、自分の子どもを守ってやれるのは「わたしだけ」と思ってきました。今でもそうです。

 

「何かあったら、きちんと教えなさい。絶対に守ってあげるから。」そう、言い続けています。

 

それでは、今日はこのへんで! ご訪問、ありがとうございました。<(_ _)>

プラセンタの種類は!? その効果は!?

プラセンタは、美肌効果だけでなく疲労回復などにも効果があると話題になっています。プラセンタは動物の胎盤からとれるものですが、その種類と成分、選ぶ時のポイントについて調べてまとめてみました。

 

プラセンタの主成分は、アミノ酸、タンパク質、糖質、ビタミン類、核酸です。一般に流通している種類には、豚プラセンタ、馬プラセンタ、羊プラセンタ、ヒトプラセンタがあります。

 

植物プラセンタと呼ばれるものがありますが、正確には植物なのでプラセンタではありません。アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富で美肌効果があるので「植物プラセンタ」と呼ばれ、安全性も高いです。

 

豚プラセンタは、大量生産が可能なので価格も手ごろで効果が期待できます。馬プラセンタは、サラブレッドなどの管理が徹底された馬のプラセンタなので、高級とされています。

 

羊プラセンタは、狂牛病があったので規制が厳しく日本では流通量が少ないのが現状ですが、人間の身体にはとても馴染みやすく効果が高いとされています。

 

ヒトプラセンタは、医薬品として使用されるため、サプリメントや化粧品ではありません。医療機関にて注射や点滴で入れてもらいますが、保険適用とならないことが多く美容目的では自費なので高額なものとなります。

 

選ぶ際の注意点は、豚プラセンタなら「SPF豚」と表記があるか?馬プラセンタなら「プラセンタエキス量」が明示されているか?を確認することです。

 

 

 

 

子どもの不登校! 起立性調節障害って知ってますか!?

こんにちは! sakuraです。

 

今回は、私自身が経験ずみの"起立性調節障害"についてご説明します。私は小学生の低学年の時に、朝どうしても学校に行きたくなくて毎日泣いていました。朝、いつも気分がすぐれなかったのです。

 

私の母親は厳格な人で、「学校に行きたくないからって具合が悪いふりをするんじゃない!!」といってランドセルと一緒に無理に外に出されていました。

 

当時、埼玉県に住んでおりまして学校は子どもの足で歩いて1時間ほどでした。それこそ、熱があっても外に出されました。

 

今だったら虐待ですよ! うちの母親はよく「スパルタ教育」といっていました。今では、それで根性もついたなと前向きに思っていますが、そんなことは絶対にしちゃいけません。

 

朝から気分がすぐれないのは、自律神経がうまく働いていないからかもしれないのです。起立性調節障害とは、起き上がったときに普通は血圧が上げるのですが、逆に血圧が下がってきてしまう症状をいいます。

 

起立性調節障害は外遊びをしない子に多いといわれますが、私の場合に限っていえばそうではないです。

 

私は、小さいころからお転婆で外が暗くなるまで男の子と缶蹴りとかして、いつも門限をすぎて帰り、めっちゃ怒られていました。

 

インターネットの情報によりますと、"遺伝"が関係するそうです。確かに、私の母親もそうです。息子も立ちくらみはよく起こします。

 

症状が決定的になったのは、20代の後半です。娘の幼稚園の役員をしていて住んでいたのも横浜の自転車を乗るのも大変な坂の多いところで買い物さえ本当に不便していました。

 

娘を幼稚園バスに乗せて家に戻り家事をしようとした時のことです。めまいがして天井がグルグル回って吐き気がして、しばらく横になったまま起き上がれなくなってしまいました。

 

タクシーを呼んで病院にいったところ、「起立性低血圧」との診断でした。それから暫くは薬を飲んでいましたが、薬をずっと飲むのも気が進まなかったのでやめました。

 

病院では、まず横になって血圧を測り、次に段差を上がったり下りたり何分かやった後に血圧を再度測りました。

 

それを、何回かやって計測した結果、いずれも段差を上がり降りした後の方が横になっている時よりも血圧が下がっていました。

 

この方法は、血圧計があれば階段を使って簡単にできますので、病院へ行くことが気が進まなければ自宅で試しにやってみてください。

 

でも、最終的には医師の診断を仰ぐことが必要ですから症状が軽いからといってほったらかしにしないようにしてくださいね。

 

家事や仕事や子育てで頑張り過ぎてしまった結果だと思います。私は普段から血圧が低いのですが、今現在はそんなに不自由はしていません。

 

とにかく、子どももそうですが主婦の人も頑張り過ぎていけません。周りも「さぼっている」とか「学校にいきたくないから」とか責めるようなことはせずに、まず話をよく聞いてあげましょう。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

子どもの場合は、まずお母さんが子どもの気持ちに寄り添い一緒にお医者さんに連れて行ってあげましょう。医師のアドバイスが一番です。

 

そして、あまりにも深刻に考えすぎず「一緒に治していこうね。」といって安心させてあげましょう。

 

不登校は他にも原因があることも考えられますので、やはり教育の専門家にも相談することも必要になってくるかと思います。

 

ちなみに、私はリズミックを飲んでいました。一時期、いろいろな薬を処方されていたのですが薬に依存することが不安だったので漢方の先生に診てもらって少しずつ薬を減らしていきました。

 

(ある医師にはリズミックは気休めと言われました。)

 

今は、薬なくても大丈夫ですよ!! なので、あまり心配し過ぎずに自分をいたわってあげてください。

  

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

( 私は医師ではないので経験からしか言えません。正確な診断は医師にゆだねてくださいね。)

 

 

 

 

朝の手のこわばり! もしかしてリュウマチかも!?

こんにちは! sakuraです。

 

実は、私は40代後半から1年前くらいまで朝起きた時に手がこわばって違和感があるって時がありました。

 

もしかしてリュウマチ!? 母親が症状は軽いのですがリュウマチなので遺伝したのかな? と思ったりしていました。

 

知り合いのリュウマチの方に聞くところによると「リュウマチは遺伝しない」のだそうですよ。

 

それ聞いて、ちょっと安心しました。それから、いつの間にかなんともなくなりまして何だったのかわかりませんが、きっとストレスが溜まっていたのだと思います。

 

リュウマチは50代に多いとされていますが、30代、40代でも気にしたほうが良いです。この病気は女性に多いのですが、女性は、出産や育児とストレスがかかったり冷え性だったりするので症状があったら早めに受診したほうがいいですね。

 

リュウマチは治らないとされていますが、きちんとケアしてあげることが大切です。初めは気づきにくいですが、朝の手のこわばりや関節痛があるときは早めに整形外科やリウマチ科を受診しましょう。

 

私の母親はリュウマチと診断されていますが、手の関節の変形も軽くて済んでいます。初期はこわばりや腫れがあります。

 

膝が痛い、外反母趾などの症状も現れてきます。私の母親もまさにその通りです。似たような症状の他の病気もありますので、早めの診断を受けることが大切です。

 

 

 

 

 

健康志向なら! やっぱり"ハーブ"ですよ

こんにちは! sakuraです。

 

私は、30代の頃から趣味がアロマテラピーなのですが、実はハーブにも興味があります。アロマはアロマテラピーアドバイザーまで取りました。

 

アロマテラピーインストラクターまで取ろうかと迷いましたが、他の資格を取るために2頭は負えないと思って諦めました。

 

年を取ってきて、「一番良いのはやはり自然」だと思うようになりました。例えば、私はよくハーブティーを飲みます。

 

ハーブによって効能も様々ですが、風邪をひきそうなときもハーブティーで何とか乗り切ってしまえる時もあります。

 

もちろん、インフルなどの疑いがある時にはお医者さんに行きますよ! 薬だけに頼らないでハーブの力も借りることもいいことだと思います。

 

ハーブで一番簡単に育てられるおすすめは"ミント"です。生命力が強くて、一度枯れてしまっても根が残っていると、また生えてきます。

 

鉢植えでも、お庭があるなら庭植えでも簡単です。すごい勢いで伸びるので、積んでフレッシュハーブティーにしても美味しいです。

 

お風呂にいれても、とてもいい香りでリフレッシュできますよ。カモミールは難しかったです。虫がついてしまい失敗しました。

 

ローズマリーは強いです。お肉料理に使えますよ。ハーブは知れば知るほど奥が深い!!

 

   

 

眠れない!? ちょっと待って! 薬は最低限にしよう

こんにちは! sakuraです。

 

ところで、日本では睡眠障害になる人が多く5人に1人いるといわれています。私の周りでは、特に年齢層が高くなるほど多いです。

 

私の母親はマイスリーを飲んでいます。自分も過去に飲んでいました。睡眠導入剤睡眠薬はあまり飲むと認知症になりやすいといわれています。

 

私は、40代でデパスを飲んでいましたが物忘れが多くなりやめました。30代の頃からアロマテラピーが趣味なのでアロマを試してみましたがそれも効かなくなり長くマイスリーのお世話になっていました。

 

仕事や日常生活で悩みが増えるのも更年期世代ですね。また、更年期は女性ホルモンが急激に減っていくので、いわゆる不定愁訴を起こしやすいです。

 

マイスリーも悪くはないのですが、依存性が強くやめられなくなります。あくまでも、薬なので副作用もあります。

 

若い頃は、あんなに眠れたのにどうして!? と思いますが体の変わり目と、親の介護や子どもの心配や本当に休めない年頃が40代、50代です。

 

「無理せず!」といっても、ある程度は無理しないと生活が回らないので仕方ありませんが、現代はとても良いサプリメントなんかもありますので試してみるのも良いですよ!!

 

私は、ユーチューブで眠れる音楽を聴いているうちに熟睡できるようになりました。眠る前にパソコンやスマホを見ることはよくないですが、音楽を聴くならいいのでは?

 

つまり、上手にリラックスできるようになればいいです。頭で一日の嫌だったことをグルグル考えてしまっては眠れませんね。

 

でも、それが難しいのですよね!? わかりますよ。私もそうでしたからね。せめて、ゆっくりお風呂に入ってリラックスする習慣をつけましょう。